不用品回収業者に家電の無料処分を依頼

引越し時の粗大ごみ処分に、インターネットでリサイクルショップや不用品回収業者を検索

引っ越しの際に家具や家電など不要なものが出てしまったときの体験談です。新居へ引っ越す際に、エアコン、シーリングライト、キーボード(ピアノ)が不要になり、処分を検討していました。しかし、これらはまだ2年も使用していなかったために普通に捨ててしまうのはもったいなく、さらには粗大ごみの費用もかかるため、売ることはできないかと思い、インターネットでリサイクルショップや不用品回収業者を検索しました。
私が選定した業者は、不用品回収とリサイクルショップを同時に行っているような業者で、様々なものを引き取ってもらえるという点でこちらを選びました。

エアコンは売却の場合取り外しに料金がかかり、売却せず引き取りなら無料となるなど、エアコンの料金設定は業者により様々

調べた際に、特にエアコンは注意が必要だということを感じました。エアコンは、引き取りの際に取り外しを自分で行うか、業者へ依頼するかによって価格などが変わってくるようです。引き取りは費用がかからなくても、取り外しに費用がかかるという業者も少なくはありません。また、小さなリサイクルショップなどですと、取り外しは行っていないという場合もあるので要注意です。
私は、取り外しと売却が可能な業者を探し、連絡をしました。ホームページの連絡先に電話をし、担当者と内容(引き取ってほしいもの)、引き取り可能な日程を決めました。当日になり業者(男性1名)がやって来ました。まずはエアコンの状態を確認するために部屋へ案内しました。年式、メーカー、型番などをチェックし現在の市場動向などを考慮したうえで価格が設定されます。新しいものや人気のメーカーの場合は高値がつくこともあります。
私の場合は、もともと安売りしていたエアコンを購入していたので、そこまでの金額にはなりませんでした。時期は1月ということもあり「この時期はあまり需要がないため売れないので、実際に売れてからの入金となります」と言われました。エアコンを売る場合は夏の時期がいいようです。
またこちらの業者では、売却の場合は取り外しに料金がかかるようで「8,000円ほどかかりますが宜しいでしょうか」と言われ、突然の請求であたふたしていると「引き取り(売却しない場合)でしたら無料で行えますが」と提案されました。その時、持ち合わせがなかったのと、本当に売れるのかどうか不安だったために、無料で取り外しと引き取りをお願いしました。

引越しする予定があれば、しっかり事前確認を行ってから業者を選定しましょう

ほかのシーリングライト、キーボードもあまり需要がないため価格はつきませんでしたが、引き取ってもらうことはできました。
粗大ごみに出すことを考えると、無料で処分が行えたのではるかにお得に引っ越しの片づけができました。次回このような機会があれば、事前確認をしっかりと行ったうえで業者を選定しようと思いました。